TOP
室内試験業務の取扱開始
 弊社は、これまでコンクリート構造物の維持管理に対し、調査・診断等のコンサルティング業務から補修・補強工事まで総合的に取組む企業として、各種のスキルの向上及び設備の充実を図ってまいりました。

 近年、老朽化が進む構造物の補修設計業務発注の動きが活発化しております。こうした状況を受け、弊社では、更にコンクリート構造物の総合エンジニアリング企業として、より一層の技術の向上を図るため、調査・診断部門の業務拡大として、新たにコンクリートの主要な室内試験について設備を整備し、機器メーカー及び道内研究機関での訓練を積んだ職員により外部委託することなく、自社で対応することに致しました。

 
 
 よって、下記に示す足場の設置から補修図面・数量表作成に至る一連の作業に関し、外部委託することなく、全て自社で行いますので、不測の事態に対しても柔軟な対応が可能となり、更に従来よりも総合的に安価に対応する事が可能になりました。
 
塩化物含有量試験 浸透探傷試験状況
塩化物含有量試験
浸透探傷試験状況
圧縮・静弾性係数試験 凍結融解(CDF)試験状況
圧縮・静弾性係数試験
凍結融解(CDF)試験状況
供試体外観観察 中性化深さ試験
供試体外観観察 中性化深さ試験
 
 また、上記に示した試験の他にも、アルカリ骨材反応促進試験(カナダ法)、超音波を用いたコア供試体による劣化深さ推定試験等も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。